add9 Guitars

記事一覧(25)

ESP SNAPPER-7 Ohmura Custom ご予約受付中!

【ご予約受付中!】ESP SNAPPER-7 Ohmura Custom販売価格 ¥502,200(税込)大村孝佳7弦モデルです。既に発注をかけていますので、早ければ11月頃の入荷予定です。全国発送、承ります。送料込みです。発売の発表後、すぐの発注でしたので比較的、早い入荷になると思われます。製品の特性上、先にお支払いいただける方を優先させていただきます。もちろん、入荷後のお支払いでもご購入いただけます。6弦のSNAPPER Ohmura Customを基本に7弦仕様へアップグレード。基本的なスペックは6弦と同じく、ボディがアルダーでローズウッド指板をラミネートしたハードメイプルネックをボルトオン方式でジョイント。大村モデルの特徴である指板のハーフスキャロップド加工は、9フレットから22フレットまでに施されています。ピックアップはEMG 81-7Hと85-7Hのコンビネーションを採用しています。ブリッジには新たにESP FLICKER-IIIの7弦仕様を搭載し、スプリングにはESPカスタムラボ トレモロトーンスプリングType-2を5本張りで採用しています。普段使っている6弦とボディの大きさやスケールが同じ、そしてナット幅も細めなので、6弦ギターから交換した時に違和感が皆無で、7弦ギター特有のネックのストレスや手の疲れも極端に少ないです。僕のシグネチュアモデルでは定番のハーフスキャロップド加工は9フレットから施されていて、リズムギターで使うローフレットや低音弦側(特に7弦)のピッチ安定やテンション感を守り、リードでよく使う9フレット以降はベンドやヴィブラートを深く掛けやすくなっていて、優れたプレイアビリティによる適切なバランスと表現力の向上も望める、最高のギターに仕上がっています。-大村孝佳-BODY : Alder NECK : Hard Maple (CT System) FINGERBOARD : Rosewood, Harf Scalloped(9-22frets), 22frets FRETS : JESCAR FW58118-NS INLAY : Holoflake Dot (side: Luminlay SGM-23) SCALE : 648mm NUT : Bone (46mm) JOINT : Bolt-on (Star-cut) TUNER : GOTOH SG360-07 H.A.P.M. BRIDGE : ESP FLICKER-III-7 w/ ESP Custom Lab Tremolo Tone Spring TYPE-2 PICKUPS : (Neck) EMG 85-7H(Bridge) EMG 81-7H CONTROL : Master Volume, Master Tone, Dummy, 3WAY Lever PU Selector COLOR : Twinkle Pink PRICE : 620,000yen (without TAX) 直筆サイン入り認定証、ポスター、非売品ピック付属

Gibson 1955 J-50電撃入荷!!

Gibson 1955 J-50 販売価格¥500,000(税抜)圧倒的な貫禄です。仕様・シリアル・前販売店様情報等から、1955年製と思われます。最近、市場でも数が少なくなってきたJ-50。ましてや50年代ともなるとかなり貴重です。そして状態の良い個体となると困難を極めるでしょう。今回、入荷したJ-50はかなり汚れていたものの、ネック周りの状態が良かったこと、木部へのダメージが少なかった為、思いきって仕入れてみました。メンテに丸二日程かかりましたが、読みは当たったようです。リフレットはされているものの、フレットの減りはほぼありません。ネックは気持ちハイ起きぎみですが、比較的ストレートを保っています。ペグは入荷時のくすみ具合、へたり具合からもしかするとオリジナルかもしれません。サウンドホール付近等にピッキングによる木部のえぐれがある以外は良い状態を保っており、大きな修復歴はなさそうです。残念ながら妙な位置にストラップピンが取り付けられております。一応、外して保管してます。現状で12F上の弦高、6弦側3.1mm、1弦側2.2mmと少し高めですが、ビンテージとしては許容値でしょう。サドル側でほんの少し下げられます。トラスロッドも問題なく動作しています。別年代のGibsonハードケースが付属します。J-50は55年からラージピックガード、ノンスキャロップドブレーシングに変更されます。トップベリーブリッジ、ノーマルサドルとJ-50と言えばこの仕様を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?指板には現在では考えられない程、濃く、目の詰まった、木取りも良いハカランダが使用されています。すごく美味しそうです。ネックグリップも60年代のナローネックが苦手な方には丁度良いグリップです。では音を…。鳴ります。豊かに広がる中音域にクリスピーな倍音が乗っかっていきます。タイトな低域はその広がりを邪魔する事はありません。60年代のパーカッシブなそれとは違った、豊かで濃厚な中音域の広がりが素晴らしいです。そして久しぶりに塗装がきれいな状態で鳴ったのか、まだギター自体が遠慮をしている感じがあります。今の状態で弾き込んでなじませれば、まだまだ鳴ってくれる予感さえします。がっつりピッキングしたくなります。木部がえぐれているのも納得です。総じて非常に状態が良いです。詳しい状態はぜひお問い合わせください。お急ぎくださーい!!